癌に良い食べ物推薦

癌は心血管疾患と脳血管疾患に次いで、人間を殺す第二位のキラーです。現在は、癌を治療する特効薬がまだありません。というわけで、癌を治療することより予防するのほうが大切です。研究によっで、悪い食生活をして癌化してしまうもあるわけ、良い食生活をして癌を予防することができます。では、どんな食べ物は癌に効きますか、癌に良い食べ物は何ですか。

下記の癌に良い食べ物で、強い味方となります。

 

1、 棗

近年、棗のエキスで体外で培養する癌細胞を抑制できることがわかってきました.抑制率が約90%です。しかしこのエキスの使用量によって、正常な細胞にも少し抑制することもあります。棗は、癌を抑制する効果あるオレアノールとビタミンが豊かに含まれています。

2、 すもも

生のすもも、リンゴ酸、クエン酸、β-グルカン、アミグタリンなど発癌を抑制する成分が多く含まれていますので、癌に良い食べ物と言います。動物実験で、すもものこの成分はマウス体内の発癌物質を無毒化してくれて、免疫力が高まり、癌を抑制する効果がよいです。特に、子宮系癌に効果的です。

 

癌に良い食べ物
癌に良い食べ物

 

3、トマト

トマトには、リコピンなど抗酸化物質が多く含まれています。トマト、スイカと杏仁はこの成分がふくまれている、癌の原因にもなる活性酸素を除去する働きがあります。もし人の血液中のリコピンの量が少なすぎると、癌化のリスクを高めているおそれがあります。研究によって、血液中のリコピンの量が低すぎる人は、すい癌になるリスクは普通の人に比べって5倍も高いです。

4、ニンニク

ニンニクは癌に良い食べ物として、癌を抑制する成分が多く含まれています。動物実験で、この成分は大腸癌、胃癌、肝臓癌、肺癌などの癌に効果がある事が分かります。米国のベンシルベニア州立大学の研究で、ニンニクのエキスでマウスに食べさせて、乳癌の発病率は71%を下げる事があります。少し前には、ドイツの科学者の研究で、ニンニクに含まれるアリシリは発癌物質を無毒化する作用が分かっています。ニンニクは免疫機能を高めて、癌細胞の増殖を抑える効果もあります。また、ニンニクに含まれる硫化化合物にもマクファージとTリンバ細胞の発癌抑制効果も高めてくれることがあります。

5、 大根

大根の辛味はマスタードオイルと言われる成分です。マスタードオイルと酵素は互いに働かせ、消化を助け、食欲増進に働く、胃や腸の働きに促す効果があります。近年の研究で、大根は癌に良い食べ物として分かっています。その原因は:①、大根に各種酵素が多く含まれている、癌の原因にもなるニトロソアミンを除去する働きがあります;②、大根に含まれるリグニンはマクファージの活力を高めて、癌細胞を死滅させることができます。