不眠症に効く食べ物

 

不眠症を言うと、中国河南省の漢方医院脳症科の主任医師の王松龄教授が、不眠症薬を飲むことより不眠症に効く食べ物を食べること、即ち食事療法のほうがいい、不眠症のある人が若し食療方法が適切に行えば、きっと催眠効果があると発表しました。

 

不眠症に効く食べ物について、同教授は下記の三つのおかゆを紹介しました。

 

一、オンジ枣仁粥:

 

原材料:オンジ15g、サンソウ炒め10g、うるち米75g

 

作り方:うるち米を綺麗に洗って適量の水と一緒に鍋に入れ、それから、綺麗に洗浄したオンジ、サンソウを入れ、強火で沸かしてから弱火で煮込んでから食べます。

 

不眠症に効く食べ物になる働きかけ:

 

この粥は寧神安心、健脳益智の効果があり、老人の貧血による驚き、不眠症、忘れなどの症状を予防できます。

ベリー ダンス 衣装 店舗 手作り刺繍 ベリーダンス衣装セット

販売価格(税込): 11,800
女性の美を解放するベリーダンスの魅力

二、鶉クコ粥:

 

原材料:鶉の卵10個、クコ15g、胡桃仁15g

 

作り方:鶉の卵を煮てから殻を剥き、クコを数分間浸しておきます。炒めて粉砕した胡桃仁に適量の米を入れ、弱火で煮込んで粥煮作ります。

 

不眠症に効く食べ物になる働きかけ:

 

この粥は滋陰補血、精神修養の効果があります、脾臓虚弱、不眠症に適用します。

 

三、双仁粥:

 

原材料:サンソウハクシ仁10g、柏子仁10g、ナツメ10個、米

 

作り方:それらの材料に水に入れて煮込んでかゆに作ります、空腹で食べます。精神修養、健胃益気の効果があります。

 

不眠症に効く食べ物になる働きかけ:

 

このかゆが心脾虚弱による不眠症に適用します。

 

最後、おかゆではありませんが、ドリンク式の不眠症に効く食べ物:五味子蜜飲

 

原材料:五味子30g、蜂蜜20g

 

作り方:五味子を綺麗に洗浄し、適量な水を入れて強火で沸かしてから小火で20分間煮ます。

 

粕を取り除き、汁を取り、冷やしてから蜂蜜を入れ、均一に攪拌し、飲みます。

 

不眠症に効く食べ物になる働きかけ:

 

安心寧神、養陰潤腸の効果があります。肝肾阴虚による不眠症に適用します、更に心悸もある人にとても適用します。

癌と生活習慣病予防:長く座ると、寿命を減らす

 

癌と生活習慣病予防研究により、各種の静態、特に座り込み、不動の場合は、人の健康が非常に大きな被害があることが分りました。

 

これを聞くと、またありふれた話ですが、肝心な所は静態による健康被害について、たとえ運動を堅持してもその被害を軽減できないです。即ち、ジムにいつも行くことにしていても、一旦一日中にじっと座って動かないことがあれば、その運動の効果が効かないという。また、いくらサプリメントを摂取し、滋養強壮をしても、静態による健康被害を免じることができなません。

 

長座して寿命を減らすため、癌と生活習慣病予防を日常生活から着手すべきです。

 

今年、アメリカにある癌と生活習慣病予防学会の研究チームは、中年者123000名の14年間の健康データを追跡し、分析しました。そして、生活習慣病予防レポートを発表しました。

 

その生活習慣病予防に関するレポートによると、毎日座り込みの時間は6時間以上の組と、毎日座り込み時間は3時間以上6時間までの組との死亡率を比較し、それに、それらの人の食生活などの要素を考慮し、最後に人を驚かせる結論を出しました。

 

3時間以上6時間まで座る人と比べて、6時間以上長座する女性の死亡率は37%高で、6時間以上長座する男性の死亡率が17%高です。こんな巨大な差別にはどう形成したのか、今でもよく分からないという(『アメリカ疫学雑誌』、第172巻、419ページに参照)。

 

他の癌と生活習慣病予防に関する研究では、オーストラリアクイーンズランド大学の生活習慣病予防研究チームはテレビを見る人計8800名の習慣を分析しました。

 

その結論として、25歳以上の人はテレビを1時間見ると、その平均寿命は22分間減らされます。言い換えると、毎日テレビを6時間で見る人は平均に言うと、テレビを見ない人より、5年も早く死亡することが分りました。

 

また多くの癌と生活習慣病予防研究も似た結論を得ました。生活習慣病予防研究学者は長座が「体活性と健康の一つ独立な要因と考えなければならない」と主張します。

 

数時間長座し、動かないと、健康にリスクを持たしてきます。しかも、その被害は他の手段で補償できません。癌と生活習慣病予防に関する研究により、毎日数時間で座る人はたとえ毎日に45から 60分まで運動しても、その死亡率がやはり別の人より高いと分りました。

 

但し、同じの静態な行為である睡眠は、そうではありません。快適な睡眠でしたら、寿命が長くなるには不可欠です。